スタッフ紹介

院長:古澤 潤一 Furusawa Junichi

古澤潤一

略歴

1961年 福岡市生まれ

1980年 福岡県立筑紫丘高校卒業

1986年 九州大学歯学部卒業

長崎大学歯学部(小児歯科)助手、小児矯正専門の歯科医院勤務を経て

1997年  古澤こども歯科クリニック開設

小児歯科学会認定 小児歯科専門医

日本矯正歯科学会会員 

LAS(レベルアンカレッジシステム)ソサエティ会員

日本障害者歯科学会会員


ごあいさつ

当医院は、ここ福岡県春日市に小児専門の歯科医院として1997年に開業して以来、この地域では数少ない小児歯科専門医としてこどもたちに寄り添った歯科医療を行っております。医院所在地は最寄りのJR春日駅から徒歩数分、西鉄大牟田線春日原駅(急行停車駅)から徒歩5分、また福岡市の天神や博多駅など都心部まで約10分でアクセスできるなど交通の便の良い場所にあります。

診療内容は小児の虫歯治療、予防にとどまらず、子供から大人までの歯科矯正、障害のある子どもたちの診療、小手術、口腔筋機能療法(MFT)、保健指導など幅広く行っていますので、さまざまな専門技術が学べる職場です。毎日、子どもたちの元気な笑顔に会えるので、とにかく子どもが大好きという方にとってはとても楽しい職場でもあります。

私は小児歯科専門医ですので、認定歯科衛生士の資格取得をめざしたい方は支援可能です。やる気のある方は関連学会や講習会等の参加を積極的に支援します。

私どもとともに、患者さんを「我が子」と思って大切に見守れる方、お子さまのお口の健康づくりに貢献したいという方のご応募を心よりお待ちしています。


働くスタッフの声

歯科衛生士 2年目 Hさん

現在の私の業務内容は、PMCT、FS、TBI、矯正アシストを含めた診療補助です。

昨年は新人として1年間、色々なことを学びました。マンツーマンで指導をしてもらい、まずは子どもたちとのコミュニケーションの取り方の大切さを教わりました。

子どもが声をかけやすいように優しく笑顔でいる先輩を見て、私もそれぞれの子に合った対応の仕方を現在も勉強中です。泣いていた子どもが、「また来るね」と言ってくれた時はやはり嬉しいですね。

院長先生をはじめ、スタッフみんながサポートしてくれる職場なので、私も趣味で県外のライブハウスに行くことができ、ワークライフバランスも充実しています。

小児歯科ならではの大変さもありますが、一緒に頑張りましょう。


歯科衛生士 3年目 Nさん

現在の私の業務内容は、PTC、スケーリング、シーラント、診療補助です。歯科衛生士として働き始めて3年。丁寧に仕事をすることを心掛けています。一つ一つのことをしっかりとこなしていくことで、保護者からの信頼も得られると考えています。また、小児歯科なので、お母さんたちと一緒に子どもに優しく笑顔で声をかけ、恐怖心をなくすことを大切にしています。嫌がる子どもが最後は笑顔で帰ってくれると嬉しくてやっていて良かったなと感じます。

働く職場環境としては、スタッフみんなが支えてくれ、たとえうまくいかなくともフォローしてくれるので、働きやすいです。基本的に平日休みですが、まとまった休みも頂けますし、平日はどこに行っても人が少ないので快適です。

子どもと話すのは楽しく、泣いていて治療ができなかった子どもが治療できるようになるとやりがいを感じます。子ども好きの方、是非一度見学に来てください。


受付 20年目 Kさん

現在の私の業務内容は、来院された患者様の受付登録、会計、電話対応、カルテの準備、待合室の安全管理です。院長先生の患者様を「我が子」のように思って接する」という考え方に共感して長い間勤めてきました。わからないことがあったら、嫌な顔一つせず何回も根気強く教えてくれる院長先生の姿勢にも感動した覚えがあります。

小児歯科ですから、多くの子どもたちの純粋な笑顔を見て、私もいつも励まされています。保護者の方たちから、育児に関する相談をされる時などはやりがいを感じますね。院内で母親的な立場でスタッフの相談にも乗っています。

これから働く皆さんもこの心温まる雰囲気を継承してほしいと思います。また、障害を持ったお子さんにも安心感を持って来院してもらえるクリニック作りに励みたいです。口腔内といえども命を預かる者として、信念を持って共に働きましょう。


歯科衛生士 5年目 Nさん

現在の私の業務内容は、PMCT、シーラント、TBI、フッ素塗布、診療補助です。また、チーフ衛生士として、新人の教育係も担当しています。歯科衛生士としてのキャリアは10年目になります。指導する立場として重視していることは、小児歯科ですので、子どもへの接し方、子どもの年齢に合った声かけや、コミュニケーションです。子どもの不安を取り除くために、自分なりの接し方を習得し、歯医者は怖い場所というイメージを楽しいものへと変えることが大切だと思っています。子どもから、「また会いに来たよ」と言ってもらえたり、手紙をもらったりと嬉しいことも多く、仕事のモチベーションにもつながります。

自分たちも成長しながら、日々成長していく子どもたちを見守れる職場です。そこにやりがいもあると思いますので、一緒に子どもの成長を見守りましょう。